浮気を疑ったものの白だった

浮気をしているのではないかと疑ったものの、勘違いということがあります。

浮気をしているのではないかと思い、調べてみたものの白で、疑ったことを謝罪するというケースもあるでしょう。

調べてみて白だったから安心した、勘違いしてしまったと焦るかもしれません。

しまったと焦る方もいらっしゃるとは思いますが、調べてみてなにもなくて安心したという安心感を得るほうが気持ち的に楽になります。

浮気を確実にしているという際はもちろん、浮気をしているかもしれないと疑うときも探偵に依頼しても問題はありません。

安心感を得るため、依頼者のことを考えて探偵は動きます。

急に仕事が忙しいと帰ってこなくなった

夫が最近仕事が忙しいと帰ってこない、ずっと残業と言っているが本当だろうかと不安になることがあります。

夜遅くまで帰ってこない、夫の行動がよく分からないという状態では証拠を掴むのが難しいかもしれません。

朝も早く、夜遅く帰宅ということでは夫の携帯電話を見るといったことも難しいでしょう。

そんなときは探偵に依頼して、白かどうか確認することをおすすめします。

探偵に依頼すれば、夜遅くでも尾行し、依頼者が寝ている間でも動くことができます。

お子さんが小さくて、夜に外に出れない、夫がどう行動しているか逐一確認することが難しいという状況の場合は探偵に任せるほうが早いです。

調べてみて、万が一浮気していると結果がわかった場合、次にどのような動きをすればよいかも決断できるでしょう。

また浮気をしていない、勘違いだったということであれば不安な気持ちが一気に解消されます。

携帯電話を肌身離さず持つようになった

夫がずっと肌身離さず携帯電話を持っている、トイレにまで持ち込んでいる、携帯を触っているときに声をかけるとビックリされるという状況があります。

この場合は浮気を疑うでしょう。

今まで携帯電話を触る機会が少なかった、急にロックをかけはじめて画面が見れないという状態であればさらに不安になります。

携帯電話を肌身離さず持っていると、自分以外の女性と連絡を取っているのではないかと疑う妻は多いです。

実際浮気をしていることもあれば、そうでないこともあります。

探偵に依頼すれば、夫がどう行動しているかとともに女性と会っていないかどうかを調べます。

仕事の関係で女性と会う機会もあるかもしれません。

たとえば女性の自宅に行った、一緒にホテルに入っていったということであれば浮気とみなされるでしょう。

しかし女性と会っていても仕事関係であり、やましい行為はなかったということであれば白です。

ではなぜ携帯電話を触っていたのかと考えますが、自分の好きなスポーツの結果を見たくて携帯電話を触っていた、ニュースを仕事上読む必要があり読んでいたということもあります。

SNSの通知が頻繁になるようになった

LINEなどSNSの通知が頻繁になる、これまで夫の携帯電話はほとんど通知がならなかったのにと不安になることがあります。

女性と連絡を取っているのではと浮気を疑いますが、必ずしも浮気をしているとは限りません。

調べてみると通知が増えたのは、学生時代の友人と連絡先を交換してやりとりをしはじめた、両親に子供の写真を送ってお礼を言われたという結果になることもあります。

浮気調査を極秘で行う

浮気を疑い探偵に依頼したら夫にばれるのではないかと心配になるかもしれません。

探偵は浮気調査をバレないよう極秘で行います。

浮気していると思ったが勘違いだった、調査していることが夫にばれて関係がきまずくなった、などということにならないよう細心の注意を払っています。

第三者に情報を提供しないことをはじめ、ルールに基づいて調査を行っているので安心してご依頼ください。