浮気の潔白を証明するために考えるべきこと

パートナーに浮気をしているのではないかと疑われることがあります。

しかし実際浮気をしておらず、潔白を証明したいのにどうすれば良いかと悩む方もいるでしょう。

浮気をしていないと話をしてもパートナーに信じてもらえず、平行線になることもあります。

ではどのようにして、浮気をしていないと潔白を証明すれば良いか見ていきましょう。

自身の行動について振り返り見直す

まず浮気を疑われるようなことをしていないか、自身について見直すことが必要です。

彼や彼女とのデートの回数が減っていないか、ここ最近について振り返りましょう。

お付き合いをはじめてからしばらくは、週に何度も時間を作ってデートを繰り返していたものの、段々と回数が減っていくというケースもあります。

仕事が忙しくなったなど理由はさまざまですが、前まではデートをしていたのに、最近デートをしてくれないから浮気をしているのではないかと疑われるかもしれません。

仕事が忙しくなったなどと、正直に理由を述べましょう。

なぜ浮気を疑うのかと、パートナーに理由を聞くのもおすすめです。

最近デートの回数が減っているからと言われた場合、デートの回数が減っていることを謝罪し、1時間でも2時間でも良いので少しでも会えそうであればデートに誘ってみましょう。

以前のように時間を作ってくれていると、段々パートナーが満足していくでしょう。

そうすることで浮気の潔白が証明できます。

電話やメールの回数が減ってしまったとき

付き合い始めた当初は、電話やメールの回数が多かったのに最近連絡を取っていないというカップルもいるでしょう。

そしてパートナーと久しぶりに会ったときなどに、浮気をしているのではないかと疑われることがあります。

電話やメールの回数が減っているのであれば、徐々に増やすことが大切です。

そしてなぜ電話やメールの回数が減ってしまったのか、理由を伝えて謝罪しましょう。

仕事が忙しくなり電話やメールの回数が減ってしまった、元々電話やメールは苦手だったが付き合った当初は頑張ってやり取りしていたなどと正直に理由を伝えることが大切です。

仕事の休憩中に1通でもメールをする、無理をして電話やメールをしていた方も初心に振り返って少しでも連絡する回数を増やすなど努力しましょう。

努力しているパートナーの姿を見て、浮気を疑って申し訳なかったと逆に謝罪があるかもしれません。

お付き合いがマンネリ化してきたときは注意

お付き合いがマンネリ化してしまったことで、パートナーに浮気を疑われるケースがあります。

例えばデート中に会話が続かなくなり、スマートフォンをよく触るようになる方もいるでしょう。

よくスマートフォンを触っていると、別の異性と連絡を取っているのではないかと勘違いされるかもしれません。

デートの回数が減るカップルもいますが、デートの回数を減らして別の異性と遊んでいるのではないかと疑われる可能性があります。

また、好きという言葉を伝えなくなるカップルも多いです。

パートナーに好きと言わなくなった、会話をしてもそっけないということでは、パートナーが不満を持ったり、寂しい気持ちになったりするでしょう。

そしてもしかしたら浮気をしているのではないか、別の異性と遊んで気持ちを満たしているのではないかと考えてしまうのです。

いらぬ疑いをかけられないように、マンネリ化してきたときは注意が必要です。

また浮気を疑われてしまったときは、正直に謝罪し今後について考えましょう。

今後誠意を尽くせば、またパートナーが振り向いてくれるかもしれません。