浮気を訴えたい時

恋人同士の浮気を訴えたい場合

恋人同士で浮気をされたといっても、婚姻関係にある場合と異なり、法令上定められた貞操義務などもないため、不貞行為で相手を訴えて賠償金や慰謝料を請求するというのは難しいものがあります。

もっとも、婚約をして結婚の約束をしていたにもかかわらず、相手の浮気が理由で「婚約破棄」となった場合には訴えることも可能です。

婚約破棄に伴う慰謝料をはじめ、結婚披露宴などを予定していて既に式場の予約を入れている場合や返礼品の用意や招待状の発送などを行っていることもあるでしょう。

また、結納金や結納の品を相手方に渡したりしているかもしれません。

そうした際に話し合いで浮気をした相手方が渡した金品を返還してくれる場合や結婚式のために既に支払った費用や結婚式場のキャンセル料などを全て負担してくれれば、費用面での納得はいきます。

ですが、それに応じようとしない場合や経済的に難しいなど言い訳をしている場合には、訴えて相手に渡した金品の返還請求や費用負担を求めることもできます。

また、金品の返還や費用を負担してくれるという話し合いとは別に、慰謝料請求もでき、慰謝料の支払いに応じてくれないときには訴える道もあるわけです。

婚約していて結婚直前であった際に浮気による婚約破棄が起きると、浮気された方もご両親や周囲の人などもパニックになることが少なくありません。

冷静な判断がしにくくなる場合や感情論で事態の収拾がつきにくくなるため、金品の返金や費用負担、慰謝料請求などをスムーズに進めるためには代理人を立てると良いかもしれません。

夫婦の浮気を訴えたい場合

婚姻状態にある夫婦の一方が浮気をしたという場合、まず浮気を原因として離婚するのかどうかという問題や離婚を決めた場合にお子様がいる場合には親権問題なども発生します。

離婚を決めた場合、財産分与に加えて、浮気した配偶者に慰謝料請求も可能です。

話し合いで納得いく結論が導けない際には調停、それでも話し合いがつかないときには審判により、相手を訴えて離婚を求めることや慰謝料請求ができます。

また、親権を渡すことに応じないという場合も、相手の不貞行為や生活の不良行為などを理由に相手には子供を養護する権利がないと訴え、親権を得るための請求を起こすこともできます。

浮気をした配偶者への慰謝料請求などをはじめ、浮気相手に対しても不法行為を理由とした賠償金請求や慰謝料請求が可能です。

婚姻関係を壊されたことで、浮気相手も訴えることができるのです。

離婚を思いとどまった場合

お子様のことや今後の生活を考えて、気持ち的には許せないけれど離婚は踏みとどまるというケースも少なくありません。

今回だけは浮気は許そう、次回はないと怒りを抑える方もいることでしょう。

離婚を選択しない場合でも、浮気相手に対して損害賠償請求や慰謝料請求をすることは可能です。

金銭的なダメージを与えることで浮気をすることを反省してもらい、関係を完全に絶ってもらう約束を取り付けることや社会的制裁を与えることができます。

もっとも、浮気相手と配偶者の関係が深かった場合や気持ちがかなり動いていたという場合には、配偶者が浮気相手をかばって秘密裏に賠償金と同等の金銭を与えて費用負担をカバーすることやそれ以上の報いを与えることも少なくありません。

そうした悪循環にならないよう、浮気相手との関係性や浮気相手の立場を踏まえて訴えることが望まれます。

浮気相手の職業や収入に対してあまりに高額な請求は控えることのほか、二度と会わない、関係を完全に絶つなどの約束を取り付け、もしその約束を破ったときには大きな賠償金の支払いが発生するといった方法で訴えるのがおすすめです。