何度も浮気を繰り返す男の特徴とは

浮気を繰り返す旦那に困っているという妻なら、一度旦那のことをじっくり観察してみるのが良いでしょう。

飽きっぽい性分で一つのことが長続きしないタイプや逆にマメでいろいろなことに気が付き、腰が軽くて行動も素早いといったタイプは、両極端に思えるようで、実はどちらも浮気を繰り返す旦那であることが往々にしてあります。

また、イケメンでとにかくモテる男性や自分自身に過度な自信を持っているタイプは、女性が寄ってくるのが当たり前と考えていることから、据え膳食わぬは男の恥とばかりに浮気を繰り返しますが、その理由は言い寄ってくる相手が悪いと言うことがほとんどで、こちらの方が始末が悪いかもしれません。

また、男は本来一人の女性に満足できない性分だから、浮気は仕方がないと考えていっる場合や浮気を隠そうとするにしても、妻に対して嘘をつくことに罪悪感を覚えないどころか、かえって知らないようにしておいてやるのが思いやりだと考えている旦那もいて、これらの要素に全部当てはまったとしたら、自分に男を見る目がなかったと考えて諦めるべきかもしれません。

一度は浮気の証拠写真を突き付けよう

興信所や探偵事務所に頼めば、こうした男性ならあっという間に浮気現場を押さえてきてくれるでしょう。

もしかすると複数の女性が写真に写っていて、愕然とするということもあるタイプです。

浮気をしているのは明らかと考えられるものの、複数の女性と浮気をしているとなると、調査費は高く付きます。

また、警察署公安委員会にきちんと届け出ている探偵社を選ぶなど、探偵社選びも重要です。

とはいえ、過去に行政処分を一度も受けていないといった要素も踏まえ、信頼できる探偵社に頼んで、一度は証拠写真その他の証拠物件を集めてもらうのが良いでしょう。

そして、証拠物件を揃えて旦那に見せ、これを証拠として訴えれば、あなたとあなたの浮気相手から慰謝料を取れるし、離婚するにしても財産の半分は私のものになる、さらに子供がいれば親権は私が貰い、養育費はあなたが払う義務が生じるのよといったことを、淡々と述べます。

さらに、こうして浮気を繰り返すことで、妻に精神的なストレスを与え、さらには婚姻状況にある家庭をめちゃくちゃにしたあなたには、離婚を申し出る権利はないという、おそらくは知らないであろう法律上の制約もしっかりと話しておくことが大切です。

浮気を繰り返すのは帰るところがあるからという言い訳

これまでにも奥さんに浮気がバレてお灸を据えられ、そのときは反省してもうしませんと土下座までするような旦那は、まず間違いなくまた浮気をします。

男にとっては浮気とは単なるつまみ食いで、妻がいる家に帰れるからこそできるものだから、本当に大事なのは君だと言われることも多いでしょう。

この言葉にほだされてこれまで何度か許してきたという妻なら、さらなる大きなお灸を据えておくことが、離婚を望まない場合には必要です。

これだけの証拠があれば、いつでも離婚に持ち込むよと脅しをかければ、少しは浮気癖も鳴りを潜めるでしょう。

それでも懲りずに繰り返すとなれば、離婚という選択肢になります。いよいよこれらの証拠を持ち込み、離婚訴訟に打って出るわけです。

自分は本当はどうしたいのか

探偵事務所によって決定的な証拠はあがってきたけれど、確かにイケメンだし、マメで女が寄ってくるのも分かるというのであれば、離婚するかどうかを決めるのは妻の側にあります。

できれば子供のために離婚は避けたいというのであれば、旦那の家族から自分の家族までも巻き込んで、旦那の浮気癖を決定的な証拠によって親族みんなに知らせ、今後浮気はしないという保証人になってもらうという方法もありかもしれません。