浮気がばれない方法

浮気をしているけど、バレるのは絶対に避けたいという人は多いでしょう。

そもそもバレてしまう原因は、いつもと行動パターンや雰囲気などに変化が生じて、パートナーが察してしまうためです。

お互いに長い時間を過ごしていれば、些細な変化にもパートナーは気づいてしまいます。浮気がバレる原因はいつもと違う自分にあるのです。

例えば男性が急にオシャレになれば、女性は変だと思うことが多いです。

男性と女性では女性の方が敏感ですから、男性は十分に注意する必要があります。

一度バレてしまうと泥沼になることは必至ですから、やるなら絶対にバレない配慮が必要です。

これはパートナーを悲しませないための配慮とも言えるでしょう。

生活圏では活動しないことが大事

長年バレずに浮気をしている人は、独自のバレない方法を実践していることが多いです。

例えば生活圏では相手を作らないことを徹底している人がいます。

パートナーの友達などは論外であり、すぐにバレてしまうでしょう。

普段の生活圏内が半径30kmとするなら、それよりも外側から見つけるのが得策です。

またパートナーの生活圏内も把握しておき、現場を見られないようにする必要があります。

それでも知り合いに見られて、そこから伝わってしまう可能性はありますので、100%バレない方法はないと考えてください。

携帯電話やメール履歴は全て消すこと

携帯電話の着信やパソコンのメール履歴などは、パートナーに発覚する大きな原因となっています。

これらは毎日削除することを徹底し、パートナーに携帯やパソコンを見られても問題ないようにしてください。

また携帯電話を2台用意しておき、使い分けるのもおすすめです。

バレる理由はシンプルで、証拠を突き止められるからです。

レシート関係も全て破棄するようにし、くれぐれも衣服のポケットに残さないようにしてください。

言い訳を何度もしているとバレやすい

ここでの言い訳とは、浮気相手と会うときの言葉です。

残業をするので遅くなりそう、同僚との飲み会に参加するなど、これらはよくある言い訳でしょう。

たまにつく嘘ならバレる確率は低いですが、毎回同じような嘘をついているといつかバレると考えてください。

人間は自分のことを客観的に見るのが苦手ですが、周りは違和感に素早く勘づくものです。

例えば給料の金額は変わらないのに、最近残業ばかりしているとなれば、怪しまれてしまう可能性大です。

また同僚と飲み会に行くと何度も嘘をついていると、パートナーが同僚に電話確認をするかもしれません。

バレないための言い訳を考えるよりも、暇だから遊びに行ってくると言った方がバレにくい傾向があります。

お互いにドライな関係でいられる相手を探す

バレない方法は相手選びから始まっており、おすすめしたいのはドライな関係を構築できる相手を選ぶことです。

例えば相手が依存体質を持っていると、頻繁に電話やメールが来たりするでしょう。

依存されることは避けたいので、お互いに浮気だと認識してドライな付き合いができる関係がベストです。

特に相手も浮気をしている状態にあるなら、パートナーにバレる確率はグンと低くなるでしょう。

あまり頻繁に会わないことが大事

当然のことながら頻繁に会っているほど、パートナーに発覚してしまう可能性が高くなります。

回数と発覚するリスクは比例しますから、たまにしか会わないようにするのが鉄則です。

月に一度程度ならばれる可能性は低いですが、1日置きとなれば近々バレてしまうはずです。

バレない方法の基本はパートナーに対して自然体でいること、そして生活の変化を見せないことにあります。

バレてしまう人は相応の証拠をパートナーに見せてしまっているケースが多いです。

自分の行動パターンに違和感がないか、客観的に自分を判断してみましょう。