浮気の慰謝料

どんなときに請求できるのか?

パートナーの裏切りによって精神的な苦痛を感じ日常生活に支障をきたしてしまったという方も少なくありません。

信じていた相手に裏切られてしまうことは、とても辛いことです。

時には日常生活をこれまでのように送れなくなってしまい、食べることも寝ることもままならなくなってしまったという方もいることでしょう。

パートナーの裏切りに対する損害賠償請求の一つに慰謝料があります。

こちらは、精神的な苦痛に対して支払われる損害賠償を指します。

浮気のほかにも暴力など離婚原因にあたる精神的な苦痛に対するものと認められれば妥当な妥当な損害賠償金を請求することが可能です。

パートナーや不倫相手に請求する場合、裁判をする必要があります。

これまでの事例として浮気や暴力のほかにも性交渉の不存在によって認められたケースも多くありました。

離婚原因は夫婦によってさまざまですが浮気が原因の場合、100万円から300万円ほどが相場となっています。

それぞれの事案により、請求額には大きな差が出ます。

妥当な額を請求するには、何よりも証拠をしっかりと掴むことが大切です。

特にパートナーの裏切りが原因で離婚に至り妥当な金額を請求する際には、どのような形で不倫相手と肉体関係を持ったかを明確にしなければいけません。

不貞行為にはさまざまなパターンがあるでしょう。

たとえば、パートナー自らが不倫相手を誘い両者に愛情がある場合や不倫相手の一方的な誘惑によるものなど、ケースはさまざまです。

慰謝料を請求する際には、肉体関係があったと認められた場合、パートナーはもちろん不倫相手にも慰謝料を請求することができることをご存知でしょうか。

しかし、パートナーが不倫相手と肉体関係を持ったという証拠があったとしても既に夫婦関係が破綻している場合には請求することが難しくなってしまうこともあります。

また、パートナーから高額な慰謝料を受け取っている際にも不倫相手に請求することは困難になってしまうケースもあるので注意しましょう。

請求できる時期はいつまで?

パートナーや不倫相手から慰謝料を請求するなら離婚が成立してから3年以内に行わなければいけません。

現在、個人でパートナーや不倫相手と話し合いをする方も多くいます。

しかし、個人で行う問題解決は、思わぬトラブルに見舞われてしまう可能性があります。

パートナーや不倫相手とのトラブルに悩まされてしまうことなく妥当な金額を請求することができるように個人間でやり取りをするのではなく弁護士に相談することが大切です。

弁護士や探偵に相談すると安心です

パートナーや不倫相手に自ら交渉することはおすすめできません。

自分が受けた精神的な苦痛をパートナーや不倫相手に償ってもらうには、まずはしっかりと浮気の証拠を集めることが重要です。

プロの探偵に調査を依頼すると浮気の事実を明らかにすることができます。

証拠がなければ、どんなにパートナーや不倫相手を責めてもさまざまな理由をつけて不誠実な対応を取られてしまうこともあるでしょう。

こんなとき、強い味方になってくれるのがプロの探偵や弁護士です。

経験や実績が豊富なプロの探偵に調査を依頼することでバッチリと明確な証拠を集めてもらうことができます。

さらに法律に関する専門的な知識を持った弁護士であれば、パートナーや不倫相手に適正な額を請求することも実現します。

プロの探偵や弁護士は依頼者の気持ちに親身になって寄り添ってくれるのはもちろんのこと、粘り強く交渉してくれるのもメリットです。

まずは、どのような形や流れで請求を行っていくのかを知るために専門的な知識を持つ探偵や弁護士に相談することから始めてみてはいかがでしょうか。