探偵の不倫調査の必要性

不倫とは

不倫とは、配偶者のあるものが他の者と肉体関係をもつことです。
浮気をすることと同じような意味ですが、恋人関係で起こる浮気は原則として不倫とは言いません。

不倫という言葉には「倫理にあらず」という意味があるのですが、もともと恋愛は憲法にて自由であると定められておりますので、恋人同士の恋愛・浮気に関しては「倫理にあらず」とまでは言えないのです。

一方、配偶者を持つ者には「貞操の義務」があります。
この貞操の義務に違反することは不貞行為と呼ばれ、不倫と同義になります。

そして、「不倫=不貞行為」は、民法709条の不法行為に該当する違法行為です。 配偶者の浮気に不倫と名づけられるということは、名づけられた当時の風潮としてはズバ抜けてモラルに反する行為であると考えられていたのはないでしょうか。

近年では「不倫は文化」「ダブル不倫」などの言葉の流行や不倫をテーマにした小説の大ヒットなどがあり、「不倫ブーム」のような現象が起こったこともありました。
おそらく、現在では以前ほど不倫がモラルに反する行為という意識はないでしょう。

しかし、いくら一般的に「モラルに反する」という意識が薄れようとも、法律上の違法行為であることには変わりはありません。
ちなみに外国では姦通罪のような犯罪行為となる国もあります。

不倫調査の必要性

夫婦関係の崩壊や不仲に至る原因として、もっとも多いものの一つが不倫ではないでしょうか。
もしくは夫婦の不仲を原因として不倫に至るというケースもあります。

夫婦関係は基本的に当事者間の問題であり、他人が関与するべきではないことなのかもしれません。 しかし、あなたがもし、不倫をしている側から離婚を切り出されたり、勝手に家を出て行って新しい相手と生活を始めたりしたら、どのように思いますか?

子供のために離婚を我慢してきた、今離婚するわけにいかないなど、さまざまな事情が生じるかと思いますが、不倫をするにしても離婚を要求するにしても、せめてそれ相応の償いはしてもらいたい、とお考えになるのが一般的な考え方ではないでしょうか。

但し、償いをしてもらうにも、この場合、人は大きく分けて2種類に分けられると考えられます。
一つは「自主的に償いをする人」、もう一つは「強制的に償いをさせなければならない人」です。

自ら反省して相応の償いをしてくれれば話は早いのですが、そもそも不倫という行為自体が非常に身勝手なものであり、その非常に身勝手なことをした人が自主的に償いをすると思いますか?
つまり、不倫をする人は多くの場合、「強制的に償いをさせなければならない人」だと考えられるのです。

実際、不倫の結果、配偶者や浮気相手が弁護士を雇い、調停や裁判にまでもつれた上、支払いを逃れようとする例は少なくはありません。

強制的に償いをさせるには、現状の日本の法律では裁判にて「強制執行」の判決を得る、もしくはそれと同等の法律行為(公正証書作成・調停調書など)しか手段はありません。
いずれにしろ、最終的に不倫を証明できるレベルの証拠が必要となるのです。

不倫調査での証拠収集

不倫の証拠としてもっとも手堅いものは、配偶者と浮気相手がラブホテルに出入りする写真です。
もちろん証拠となるケースは他にもありますが、いずれも「尾行や張り込みをして現場を写真や映像に収める」という点が重要なポイントとなります。
この場合、一般的に困難となるのは、自らの配偶者を尾行・張り込みする必要があるという点です。

探偵は不倫調査を行う唯一の職業です。
対象者とは赤の他人であるため、そもそも調査が発覚するリスクが低い上に、尾行・張り込みの経験・訓練を積んでいます。
また、不倫の証拠についても法的な知識を持って収集を行えるため、依頼者の代わりに証拠を集めるには最も適した存在と言えるでしょう。