勤務先調査

離婚した配偶者の勤務先調査

勤務先調査を必要とされる方の理由は幾つか存在します。
中には別れた元配偶者から支払うべき養育費や慰謝料が支払われない状況となり、現在の勤務先を調査し給与の差し押さえを実施したい等はご依頼の理由として多いと認識しております。

このようなケースにおいて、勤務先調査をスマートに低価格で完了させたいとお考えになる方は多く、当社としても可能な限りご依頼者のご負担が少なくなる方向性を調査手法にご提案させていただいております。

まず、このような勤務先調査を 実施する際に重要となるポイントは2つ御座います。調査対象者の過去の職歴を参考に実働調査(尾行等)により勤務先を突き止めるのか、はたまたデータ調査から勤務先を精査し判明させるのかという点(調査方法のチョイス)が重要となります。

昨今は不規則な勤務形態の職業が多いため、実働調査で勤務先調査を実施しますと長時間に及ぶ張り込み尾行等になる可能性が高く料金的に見合わないと判断されるご依頼者が多いと言えます。

対してデータで勤務先調査を実施すると結果が判明 しないケースが存在し、「アルバイトや肉体労働系の職業・水商売系の職業・派遣会社に登録している人物」に関しましては、御依頼人が意図としている勤務先が判明しない可能性が高くなります。 必然的にこのようなケースに該当している人物 の勤務先を判明させる調査手法は実働調査を実施して勤務先を判明させることのみが選択肢となってしまうのです。

調査の費用も実働時間が調査費用としてご負担となるので、調査を実施する前に十分に考慮されて調査手法を選択されることが望ましいと言えるのです。

交際相手の勤務先調査

出会いの場が様々な現代社会において交際相手の勤務先を知らない人物が思いのほか多く存在します。

特にSNS等で親しくなった間柄から交際に発展した男女に関しては「お互いの明確な個人情報を認知していない」ケースが珍しくなく、交際から結婚を意識した段階で「考えてみたら交際相手の正確な勤務先を知らない」などの人物が後を絶たないのです。

正確な個人情報を知らないというバックヤードから判断し、このような交際相手の勤務先調査はデータによる情報検索を実施するよりも実働調査(尾行)により勤務先を特定することが望ましいケースが多く存在する調査となります。勤務先まで利用する交通手段を明確に情報として確認し短期間・短時間での勤務先が判明することが期待できる勤務先調査と言えます。

上記のような理由のほかに「婚約者が自身の職業をあきらかにしない」ケースも存在します。多くの場合には「職業を明かせない理由」があり、オブラートに包んではぐらかす人物が存在します。このような人物の勤務先は偏る傾向が強く、お堅い勤務先(役人)であるか、不規則な勤務先(水商売的な職業)であるか両極端と言えます。

可能性のお話しになってしまうのですが、このような経緯が多くの場合に確認されてきているのでデータでの調査を実施するには判明確率が低くなってしまう可能性が高いため「尾行による勤務先調査が確実」と判断されるケースが多いと言えるのです。

当社は依頼人と密な相談を実施し最適な調査手法の勤務先調査をご提案します

いかがでしょうか?様々な理由により勤務先調査が必要となっている方が多く、個々に最適な選択肢が様々に存在している事を認識されたことでしょう。

当社の勤務先調査をご利用されてきた全てのご依頼者は「密なご相談を実施した上で調査に着手」しております。調査に関するリスクを事前にご説明し「納得された上で勤務先調査を実施されたご依頼者」が全てと言っても過言ではないのです。

選択する調査手法によりリスクが存在する調査ですので、事前にリスク説明の無い探偵事務所との勤務先調査の契約は危険と判断できることでしょう。

そして、如何に誠意ある探偵との契約を成立させることがスマートでスピーディーな勤務先調査に直結していることであるか理解されることでしょう。