借金調査

家族を守る借金調査

あなたの身近な人物があなたの知らないところで多額の借金をつくってしまう。
世間にはこのような状況が数多く存在し、このような不安が現実となり、ご家族降りかかってしまうと「借金が原因で家族に亀裂が生じてしまう」などの状況になってしまうものです。

特に「過去にも借金を隠れてつくった」経緯が存在する人物の言葉を信用できるか?という点においては判断が分かれるところと言えるでしょう。本人に問いただしてみても「真実を正直に口にする」ことが可能性として低いケースでは「借金調査を実施」することにより「身内に隠れてつくった借金を把握する」ことが可能となるのです。

表向きは平穏な日常生活を送っている家族であっても真実は「多額の借金が存在する家庭」である可能性は存在するのです。

借金によって家族関係が大きく変化する家庭は少なくありません。

親しい人物の保証人となってしまい、借金から逃げた知人のために肩代わりしなければならなくなる。 このようなシュチュエーションとは少々ケースは異なりますが、「隠れてつくった借金の存在」にも該当すると言えるのです。

最悪の状況と言える「借金が原因で家族離散」になるまえに借金調査を実施することは将来において大きな意味があると考えられているのです。

身近な人物が自身の子供であることもあります。親の立場から自身の子供が信販・サラ金複数社等に多額の債務をしていたならば人並みな生活が送れなくなることは想定内となります。

そして、お金に困ったお子さんが犯罪に走ることまで危惧するのが親心と言えるのではないのでしょうか。ここで「複数の信販・サラ金から借入」がされている状況がどのようなことか確認しておきますが、一般的な生活に必要な生活費を全て借金の返済にあてなければならない状況と考えられます。

このような状況の人物がとる行動は「借金を借金で返済する」という考え方なのです。

クレジットカードのショッピング枠で購入した金券をチケットショップで現金化することで生活費にあてるなどが代表的な行動と言えるのです。このような行動を繰り返すことは結果的に借金が増える以外に何もありません。 一度、負の循環に陥ってしまった人物が抜け出せるためには周囲の協力が必要不可欠と言えるのです。

そして、一刻も早い段階で借金調査を実施し「どの程度の借金が存在するのか?」を把握することが極めて重要になり、「周囲が支えとなって問題を終息」できる可能な状況のうちに調査を実施されることが望ましいのです。

仕事上で必要となる借金調査

業務上において「会社金銭を扱う機会がある人物」において借金があることは望ましい状況ではないと多くの方は判断されます。

世間では「魔がさす」状況が起きる可能性が高くなってしまう状況が借金苦であると考えられているのです。このような人物を見分けることは非常に困難と考えられています。

表面上は生真面目で実直な性格に見える人物であっても見えない私生活では「ギャンブル・酒・異性交遊」が盛んな人物であることは誰にも判断できないと言えるのです。

そのような場面でお役に立つ調査が「人事に役立つ借金調査」ということになります。金銭を扱うポストを任せる人事変更を行う際には借金調査を実施し適任者であるか判断されることが望ましいのです。

このような調査は「一般的には知られていませんが必ず実施される調査」と申し上げられます。逆に自身が勤務される業種によっては「借金の存在」が出世などに関して命取りになるケースもあるので注意が必要なケースもあると考えられているのです。

会社内部での借金調査のほかに「優良な取引先であるか?」の信用面を計る基準として「会社代表や事業主の借金調査」を実施することが御座います。大きな取引を考えている相手先が安心して取引を実施できるか?を判断するためには必要な調査となっており、企業の経営状態を信用調査で調べるよりもお手軽で短期間に判断可能と考える方が多いようです。

このように借金調査が必要となる場面は様ざま存在します。多くの場合には「保身のために実施される」ことが多いと言える調査ですが、重要な役割を果たす調査であることはご理解いただけたことでしょう。

当社での借金調査をご相談・ご契約の際は「調査を実施する目的」を皆さんに確認の上、調査に着手させていただいております。

調査結果の悪用や犯罪を助長する調査になる可能性があると判断されるケースはご契約が出来ませんのご理解下さい。